日記では、ないと思う・・・・・

日々の出来事を綴ってます。
小さな小さな微笑みがでたら嬉しいです。

あなたのコメントが独裸絵悶のエネルギーです。
私にエネルギーを分けて下さい。

最近はエネルギー切れかも・・・

コメントスパム対策で画像認識を導入いたしました。
お手数になりますが、宜しくお願い致します。
無駄毛問題
最近、年のせいか、というより年のせいで無駄毛が多くなった。
肝心の増えて欲しい所は確実に、減ってきているけど無駄毛だけは多くなってきている。

それも、耳だとか乳首にも・・手にも・・肩にもある。
毛はシッカリしている。
肝心の毛の細さと比較すると・・・情けなくなる。

肝心の毛は大事な器官である脳を守るという、機能があるのだが・・
無駄毛には・・・ホント無駄なだけである。
乳首の毛なんて何が意味があるのだろうか・・・?

体毛の濃い人は、それなりの機能がある。
会社に居る体毛の濃い人は、蚊取りの機能まである。

血を吸いに止まった蚊は、体毛に捕獲される程だ。
この目で見たから・・・蚊が可哀想だった。
そういえば、最近クリーンルームに出入り仕事についた為に、
腕の毛を剃ったとの噂を聞いた。
蚊取りの機能・・・無駄だったのか・・・。

私の場合ヒゲも無駄毛の一種かもしれない。
休みの日々が続くと、手入れをしないが、手入れを怠ると情けない顔になる。
ヒゲの似合う人は数多くいるが、私は確実にその一員でない事は自覚している。
猫のように感覚器官としての役割を担っている訳でもない。

それでも、30代までは毎日手入れをしていた訳でもない。
10代の頃は髭剃りは散髪の時に手入れをしてもらう程度だった。
20代の頃は伸びても産毛が増えた感じだけで、あんまり気にならなかった。


そう・・
私の場合、確実に肝心の毛に比例して無駄毛が濃く、そしてしっかりしてきている。
だから、無駄毛を抜くたびに・・肝心な毛の状況が思いやられてしまう。
| 独裸絵悶 | 問題シリーズ | 06:52 | comments(6) | trackbacks(0) |

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ



+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE