惰性と怠惰の日々

★旧名 日記でないと思う★

色々と有って・・・
惰性と怠惰で生きています
天津は甘栗です
昨日のブログ
もう訪れた場所は分かっていると思います
国名は中国 都市は北京で入国して天津から帰国しました

天津・・私のイメージは天津甘栗に天津飯、天津麺です
それ以外はありません
でも、人口は1500万人とか・・大きな都市です

本来は天津直行便で行く予定でしたが、
台風接近情報で急遽、北京行きに変更して北京から天津に入りました

北京在住の方に聞いていたのですが、中国では日本旅行がブーム

日本に行って日本の食事とショッピングそれが目的だそうです

関西空港は日曜日、観光客の帰国ラッシュです
免税店は長蛇の列
飛行機は勿論、満席状態でございます

行きは普通でした、流石中国首都北京市民なんでしょうか
ファッションも日本人と然程変わりません。
少し前まで、一目で中国人と分かったのですが、最近は都市部の中国人も洗練されて日本人と見分けがつきません
でも原色好き、ド派手好き、k-pop風ファッションの方は現在もいます


しかし、私の勤務先は大阪ですので、大阪の街には違和感なく溶け込みます

問題は帰国便でした
彼らグループでも団体でも個人個人バラバラで航空会社カウンターでチェックインします
なぜ?と思っていたのですが、搭乗して判明
早くチェックインした方々が一列窓側に座ってます
次の方々が、通路側に縦列に並んで座っていきます
ですので、話が声が大きい、隣席なら近づいて小声で話しができるのでしょう
でも、前後だと・・・
離着陸時も通路側の方々、体を通路側にだしておしゃべり
ベルトもしているし、席も倒していないけど。。。なんかねぇ〜

搭乗する時に、なぜか食べかけのカップ麺を持ち込む方が何人も
離陸前に食べきれば良いのでしょうけど。。
残ったスープ、カップをCAさんを呼んで片づけてもらいます
大変です、中国のCAさん

そして、今回CAさんも・・
いかついCAさんが居ました。出発前、機内を睨みつけながら回ります
飛行中は席に座って、、、普通のCAさんでなく保安要員なんでしょう
それも、多分公安系の警察
いま、香港等で騒動が起きていますので、治安維持に力をいれているようです

天津発、関西空港行きの中国国際航空便、乗客の殆どは中国人
日本人は数人程度
だからと言って、機内放送は中国語と英語のみ・・・
日本便だけど日本語放送がない便は初めてでした


彼ら、大きなトランクを持ってきています
でも、日本入国時は軽く、中国帰国時は一杯です
日本で買い物です、それも100円ショップで中国製も買っていきます

今の中国、都市部であれば生活用品は溢れています。
日本の生活用品の殆どが中国製になっています、その中国版が中国都市部では簡単に入手できます。
一時問題になった偽物も日系スーパー等も多く、日系商材は簡単に手に入るのです。
でも、日本に来てお買い物

理由は。。。日本は安い!

確かに中国、交通費や一般的な食材は安いのですが、住居費や生活用品は日本と変わらないか、特に住居費は東京の一等地並みです

だから・・・
ビジネス交渉で「日本製は高い!」「中国ではその価格では売れない!」
って・・・なんか納得いかないのですよ

その方の住宅は東京超高級住宅地と変わらい価格なのに・・・
日本国内製品で一番廉価品でさえ。。『高すぎ!』
理由を聞くと・・・
途中でゴニョゴニョ、途中でゴニョゴニョされる方が数多くいて
だからゴニョゴニョで高くなるとか・・・

私もそのゴニョゴニョに入りたいと。。
そういう方はゴニョゴニョでゴニョゴニョでないと成れないらしいです

天津土産の甘栗。天津には天津飯も天津麺も天津甘栗もないと聞いていたのですが。。。
天津空港にて甘栗を発見!

もちろん、即購入でございます
| 独裸絵悶 | 日々の出来事 | 06:08 | comments(0) | - |
三連休ってなに? 
世の中、三連休だったようですが・・・
私は御仕事。。特に月予備は「秋分の日」で祝日でしたが世界は平日
ですので、台風接近の日曜日から海外出張でございました。
金曜日。。日曜日の午後に関西最接近とのことあり・・
急遽、午前中の便に変更です

でも、直行便ではありません
直行便は午後の一便しかないのです。
ですので、近隣の空港に向かい、そこからバス移動です

バスは・・・普通のリムジンバス。
日本のリムジンバスと変わりません。
でも。。。荒い!。車線変更、幅寄せ、クラクションは頻繁。
お疲れ気味の私、寝ようと思っていたのですが。。

寝かせてくれません。

バスターミナルからはタクシーです
ターミナルのタクシーは近距離乗車拒否、ボッタくりの情報満載
でしたので、近くの路上でピックアップ。
でも。。通じません
日本語は当たり前として、英語も(私の発音のせいもありますが)
英文コピーを見せても 「読めない!」
でも、なんとか英文表記の地図を見せてなんとか出発
そんな時に頼りになるグーグル先生はお休み中です
ヤフーの地図も開きません

ホテル予約確認書にも現地語表記はありません。

もの凄く心細かったけど、なんとか到着。
助かりました。。チップも上げてしまいました
運転手さん笑顔で。。なにか言ってますが・・わかりません!。

なお、タクシーの運転はかの国では通常でしょう
急発進、急制動は通常です。

帰国は当地の空港からの搭乗になります
ホテル前でタクシーを拾い
「エアポート?」と声をかけます
運転手のオバちゃん 笑顔でうなずきます
空港までドライブ。急制動、急な車線変更、クラクションの嵐を乗り越えて

空港に到着

やっと、通常の交通機関に帰れるんだ・・
日本のバスやタクシーが偉大だと、再認識でございます。

飛行は順調、かの国でよくある「待機指示」もありませんでした
関西国際空港には定刻より早く到着のようです

着陸は和歌山側から海側のB滑走路に着陸です
B滑走路は4000M滑走路で 中央にターミナル側とつなぐ誘導路があります


06Lと表記のある方向からの着陸です。中央にターミナルと結ぶ道があります


ですのでと、B滑走路に着陸した飛行機は機種やその時の状況
例えば風が強く対地速度が低いとか、重量が軽い(乗客、貨物、燃料)とか・・
車でも一緒ですよね、制動距離(止まる距離)は変わります
ですので、制動郷里が長い場合は、ターミナル側の誘導路を超えた近辺から
戻ってこないと成らないです
普通のそう普通の旅客機であれば、乗客優先ですので、その時の状況に応じて対応します
そう、急ブレーキで搭乗客に負担を掛ける事を避けるのです

しかし。。今回の帰国便はかの国の航空会社でした。
バスやタクシーでの急制動(ブレーキ)は当たりまえの国でした。

搭乗機は着陸と同時に逆噴射、に急ブレーキ
体が前に安全ベルトがお腹の脂肪にめり込みます

機体が止まり、座席上のトランクを開けてみたら。
荷物が私の荷物が。。。他の乗客の荷物と一緒に全て前部に・・




だから、中華系航空会社は嫌なの!
| 独裸絵悶 | 日々の出来事 | 05:56 | comments(0) | - |
無駄な努力だったのね・・
私、語学能力ゼロですが・・・
人材不足もあり海外の担当も致しております

海外は色々と面倒な事ばかり
その一つにパスポートなる物もございます
私のパスポートは10年物。
ページ数も多く、困らないと思ったのですが。
ある年、異常に出張が多発、行きも帰りもパスポートに“ポン”
そうスタンプを押されます
記念に、、思い出に、、そんな方も多いのでしょうけど・・
残りページが、いつのまにか残頁が少なくなっていました。
10年経たずに、更新しなければならないのか?、色々と心配してしまいます。
スタンプは好き勝手な頁と場所に押されますし、残頁が無くなると使えなくなります。
でも。。。
パスポートは個人所有物ですので、再発行等の費用は個人負担
もったいないなぁ〜ととある方に相談したら
「増頁したら?」・・・へっ?
そう一回限りですが増頁が出来るのです。
早速、半休を頂きパスポートセンターへ出向いて措置して頂きました。
って事で増頁したら・・・

自動化ゲート
。。並ばなくてよいので早速導入
自動窓口の登録窓口が開いている日時を確認して、時間も工夫して登録しました
一気にスタンプの量が減りました

でも、まだページに余裕はあるし
記念に思い出にと・・・

顔認証ゲート

事前登録も必要ありません
便利になったけど・・・楽になったけど・・・

私の増頁費用と半休とあの時の心配も返して〜

| 独裸絵悶 | 日々の出来事 | 06:41 | comments(0) | - |
香港に行ってました。
先週の事なんですが・・
デモで荒れる香港に行ってきました

行きたくないですよね
こんな私だって、危険には近づきたくない
しかし。色々な事情が重なり。。。

行ってまいりました。

現地では危険な地域(デモ頻発地域)には近寄らない
事を徹底していましたので、何も危険はございませんでした。
っていうか、普通の香港でした。

関空⇔香港は便数も多く、観光客も居ないだろうって
余裕をかましていたのですが、飛行機は満席!
殆どが香港人もしくは近隣の広東人のようです。
だから、香港のイミグレも列が短く短時間の並びで済みました。
香港はホテル料金が高いのですが、思ったより安く・・
現地の香港人曰く

「本土人も少なくホテルも安い、今が香港観光のチャンス!」

そんな香港ですが、街中で・・

寿司の刺身って。。なんだよ・・・寿司ネタの事?

香港のお店

色々な所にあります。この写真のお店は香港空港です。
日本風の食料品を売っていますが、日本風であって日本産ではありません。
ですので、お土産を探します


香港で日本製品の土産なんて・・・意見もあるでしょう
駄菓子かし
日本製品ではありません、日本風です

日本語が・・日本語が壊れてます。
メーカー名はITO イトーさんでしょうか・・
製造はPRC・・・PEOPLES REPUBLIC OF CHINA=はい中華人民共和国

なんだかなぁ〜と思いながら、日本語自体がブランド化してます
リスペクト(敬意)してきているので、悪い気はしませんよね。

| 独裸絵悶 | 日々の出来事 | 08:50 | comments(0) | - |
つぶあん恐い
社内、それも部署で論争が起きてしまいました
部署を二分する論争、どちらも自説を曲げません
大変です、言い争いです。
私は・・・私は・・・



「粒あんに決まっているだろう!」



信じられません、「こし餡派」
こし餡なんて・・・小豆の粒が残ってこそ美味しいのです!(断言)

ですので、出かけた時に

御座候です
(回転焼きでも今川焼でおmありません、関西は御座候なのです)
あんは「赤」(黒でもアズキでも粒餡でもありません 赤 なのです)
配ってみます

「美味しいよね〜」
「やっぱり赤だよね〜」

変節しました。再度聞いてみます
「こし餡派です」
「御座候はつぶ餡ですが、例えば赤福はこし餡じゃないですか!」

うっ・・確かに赤福で粒あんは見たこともない・・
確かに、赤福はこし餡が・・・
その時、粒あん派の一人が
「粒あんの赤福があったら買います!、こし餡は買いません!」
あっ・・そうだ!
この私・・こし餡赤福で変節しそうになった事は・言えない
だから。声を大にして

「そうだ!赤福も粒あんを!」


危なかった・・・

その時。。。気が付いた
うちの単身赴任男
彼も『こし餡派』を力説していた
でも、先日は・・

粒あんを食べていた(私がこし餡を選ぶ筈がない)
今回も
「これは今川焼ですよ」なんて戯言をほざきながら食べていた。

だから

三個選び放題。216円

「げっ!・・・・粒あん、それも6個」
とは言ったけど持って帰りました

「今度、広島に行ったら土産はこし餡モミジ饅頭ですからね」

念を押されました
わかってます
勿論です

粒あんモミジ饅頭を買ってきます!




| 独裸絵悶 | 日々の出来事 | 07:36 | comments(0) | - |
海外の方と会話
海外の顧客との会話


海「昔は日本は進んでいたけど、今は遅れています」
私「かもね」
海「あなたの携帯電話、一世代、いやもう化石です」
私「あっこれ、会社支給携帯電話」
海「今の時代はスマートフォン」
私「いやぁ〜仕事的には、このガラケーが使い易いなんだよ」
海「街中で無料Wi-Fiがすくないしぃ」
私「まっ・・・それは言えるね」

海「地下鉄も階段ばかり」
私「日本の地下鉄は古いからねぇ」
海「高い!、乗り換えで複雑、なんで複数の会社があるの?」
私「それはね ヲタクって人種が居てね、彼らの大好物なんです」
海「・・・・・・・・・・・??????」

海「タクシーだって、スマートフォンで呼ぶのが当たり前」
私「あっ、日本でも始まったよ」
海「レンタルサイクルも遅れている」
私「仕事後の美味しいビールを飲むため歩いているのさ」

海「それにファッション、遅れている、特に男性!」
私「そぉぅ〜?」
海「あなただって、ネクタイがないだけ、日本人ってみんなそう!」
私「でも、お宅のボスに会ったら夏だけどスーツでネクタイもしてたよ」
海「ボスだから当たり前じゃない、私達とは世界が違うんです」
私「そうなの?」
海「日本人はvipでもセレブでもないのに・・・」
私「立場で役職でファッションを変えるの?」
海「当たり前じゃないですか!」
なんかなぁ〜違う気がするんですけどねぇ〜

海「電子マネーも遅れている」
私「私はICOCA(交通系ICカード)を使っているよ」
海「でも、まだ現金決済のお店も多い、先日は現金オンリーと言われた」
私「小さなお店とか設備も手数料も取られるし」
海「遅れてます、海外は電子マネーがもう一般的です」
私「それは・・・・
  
  日本には偽札は殆どないし、脱税も厳しいし、高額紙幣もあって使い易いし」
 「まして、お金の流れを全て銀行や政府、いや嫁に全て把握されるって、怖くないの?」
海「嫁。。。。。。ワイフですか・・・現金生活に戻ります」
続きを読む >>
| 独裸絵悶 | 日々の出来事 | 09:16 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE