日記では、ないと思う・・・・・

日々の出来事を綴ってます。
小さな小さな微笑みがでたら嬉しいです。

あなたのコメントが独裸絵悶のエネルギーです。
私にエネルギーを分けて下さい。

最近はエネルギー切れかも・・・

コメントスパム対策で画像認識を導入いたしました。
お手数になりますが、宜しくお願い致します。
虫養い問題
今、時間は丁度お昼、でも家には私だけ。。
嫁も子供も出かけています。
間もなく、お昼の時間ですが。。
あの二人の帰宅は。。
多分、帰宅はお昼をだいぶ廻ってからだと思います。
お昼ご飯は一緒に食べる約束。
でも、遅くなりそうな時間なので。。外食の予定です。

外食とハシャグ私に・・

嫁はんが。。出かける前に一言
「お昼廻るから。虫養いしといてね。」
っと言って出かけました。

私は・・・虫・・虫といえば・・
子供が小学校から貰ってきた「ヤゴ」がいます。

このヤゴ(トンボの幼虫)の面倒を見ていて欲しいとの事なんでしょうか・・

イエイエ、、そんな事でなく・・・
調べてみると
虫養い=辞書
確かに、私の腹の虫・・ヤゴより性質が悪いかも・・・

仕方ありません。ヤゴにエサを与える前に・・
私のお腹の虫にエサを。。探してみると・・・
探すほどでもありませんね。

目玉親父を食する事に致しましょう。
開けてみます・・

やけに細い目玉親父・・・体が棒に成っています。

これでも、妖怪の端くれなんでしょうか・・情けない。
こんな、目玉親父は私の腹の虫に食わせてやりましょう・・
ベロベロと舐めてやります。


充血した目玉親父

おっ〜〜目玉親父は溶解して妖怪に戻っていた〜
| 独裸絵悶 | 問題シリーズ | 11:57 | comments(8) | - |

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ



+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE