日記では、ないと思う・・・・・

日々の出来事を綴ってます。
小さな小さな微笑みがでたら嬉しいです。

あなたのコメントが独裸絵悶のエネルギーです。
私にエネルギーを分けて下さい。

最近はエネルギー切れかも・・・

コメントスパム対策で画像認識を導入いたしました。
お手数になりますが、宜しくお願い致します。
散髪屋、理容院、髪切った 問題
散髪に。
自転車で行きます。
キコキコ漕いで行きます。
散髪屋の前に自転車を止めて・・
中に入ると、席は埋まっていて・・
待ち客が一人。

長椅子に腰を掛けて・・
さほど、待つこともなく・・
「どうぞ〜」の声が聞こえてきます。
席に座り。。
「今日はどうします?」返事をする間もなく
「短めにするだけで良いんですよね?」
「耳は出して良いんですよね」
私の返事はすべて『お〜いぃ〜』

ハサミが動きます。早い動き。
鏡の向こうで私が私を睨んでます。
白髪が出てきたなぁ〜。シワも増えたぜぇ。
年とったなぁ〜。
そんな事を考えているうちに。。
「シャンプーはどうします」
ここでも、『お〜いぃ〜』

鬚をそって・・
「整髪剤は?」
ここで、初めて「いらない」って言葉を発します
理容師さんが私の髪を苦労して纏め上げて・・

これで2000円

この私でも、若いころ(そんな時もあった)。
高額なお店や。。美容院に行った事もある。
でも、美容院の仰向け洗髪に抵抗を感じて・・・
(男は化粧なんかしてないから、関係ない)
出来上がりを見て、安い所と差を感じなかったので・・・
っていうか。そんなに気を使っても一緒だと(私の場合)
気がついたので・・(差がない)

そして、話もせずに気を使わないお店の方が楽だから・・

そんな散髪が二か月に一度。
着実に頭頂部の髪の漉き方が。。この何年かで変化してきている。
切られる髪の量もへったなぁ〜


でも、いつまで散髪屋に通えるのか・・・
いつか、縁のない所になるのだろうか?
それが問題。
| 独裸絵悶 | 問題シリーズ | 06:26 | comments(2) | - |

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ



+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE