惰性と怠惰の日々

★旧名 日記でないと思う★

色々と有って・・・
惰性と怠惰で生きています
雨の物語問題
それは、梅雨のある日の出来事
今にも振り出しそうな空を見上げながら、
街中を歩く男性二人。

やおら、一人の男性が立ち止まり。
カバンの中から傘を出して広げます。
その横で、連れの男性が。
手の平を広げて。。雨粒を確認しているのでしょうか・・
その男性も程なく傘を広げて歩き出しました。
後から傘を広げた男性が、連れの男性に話し掛けます。
「さすがですねぇ〜」
話かけられた男性。傘を傾けて連れの男性の顔を見ながら。。
「なにが?」

「いやぁ〜さすがセンサーがついていると、他の人より先に雨が感知できるのですね」
「ひとより、優れた所もあるんすねぇ〜」

傘を傾けていた男性。怪訝な顔をして
「センサー?」小さな声で呟きながら、手を頭頂部に・・

そう、その男性は連れの男性より頭頂部の髪の毛の量が少ないのです。

「成るほど」と思わず納得しながらも・・
その男性
傘で隠れて雨に濡れない筈の頬を、なぜか、水滴が一滴
その水滴が、零れ落ちていくのを誰にも知らないのです。

ちゃんちゃん。



| 独裸絵悶 | 問題シリーズ | 06:27 | comments(3) | - |
フィ〜〜〜ックション!

さ、早く頭拭かないと風邪引きますよ。
| みみたろう | 2007/07/11 2:01 PM |
この物語には勿論“モデル”が存在するのでしょうね。
私は少々の雨なら傘をささない人なので・・
大降りになるとショートヘア版貞子のようになってしまいます。
| 朧月夜 | 2007/07/11 11:00 PM |
みみたろう様
大丈夫、髪の毛が少ないので・・
頭を振るだけで。。脱水完了!

(T_T)

朧月夜様
フィクションですよフィクション

(T_T)

| 独裸絵悶 | 2007/07/12 7:25 AM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE