日記では、ないと思う・・・・・

日々の出来事を綴ってます。
小さな小さな微笑みがでたら嬉しいです。

あなたのコメントが独裸絵悶のエネルギーです。
私にエネルギーを分けて下さい。

最近はエネルギー切れかも・・・

コメントスパム対策で画像認識を導入いたしました。
お手数になりますが、宜しくお願い致します。
湖畔の宿その一問題
旅行。
一番大事なのは宿泊先ですよね。
宿泊先がガッカリだと、旅行自体もガッカリに
それを回避する為には、
「お金を出して良い所に泊る」、これが一番なんだけど・・・
我が家にとってお金は有限資源。限りある資源を有効に使わないとなりません。
って事で。。嫁ハンがネットで事前調査・・
最近は「じゃらんnet」で探しています。
場所と予算を鑑み。口コミ重視で予約していきます。

今回の旅行
山中湖に二泊。そして浜名湖に一泊。全て湖畔の宿でございます。
山中湖は連泊です。


ジョンソン山中湖湖畔の宿
値段は安く、展望も良さそうだし・・って事で予約
しかし。。なぜに「ジョンソン?」
「ジョンソン」って外人さんが始めたのでは・・外観も洋風だし。中身も洋風かも・・そんな想像しながらの到着です。
到着してみたら。。外観は洋風かもしれないけど、純和風。
では、なぜに「ジョンソン?」
旅館の人。。「ジョンソンさん」なら外人系だと思うのだけど、どこから見ても純日本人。
「ジョンソンさん」には見えません。

そして、部屋には謎の物体。
俗に云うフレキシブルパイプ。口径150ミリ程で長さは2000ミリ程。。
なんに使うの?・・・嫁ハンが「秘密のケンミンSHOW」で見た事があると。。。云いだして。

ファンヒーターの暖気を送るパイプなんですね。
暖房はコレとコタツ。初日は冷えて。。。寒かったです。
パイプで暖気を一人占めするんじゃねぇ〜〜〜

なお、このパイプは・・山中湖のある山梨県でなく・・
山形県の秘密だったんです。
その時は納得したんだけど。。なぜに山梨なのに山形が・・・
本当の事は未だに不明です。

旅館に着くと、最初に楽しみなのが「お茶請け」
地元のお菓子なんかが出て、お土産の参考になったりします。
して、この「ジョンソンのお宿」
ぱりんこ
どこにでもある、どこにでも売っている。。。(T_T)

この「ジョンソンのお宿」旅館のグレードになっていますが。。民宿です。
お布団も自分で敷いて。。自分で畳んで・・
連泊の翌日もそのままだったけど。。。気にしちゃダメダメ。
部屋のお掃除。。プライバシーと安全対策の為、入室しないんですよきっと・・・。
流石に嫁ハンが申し出て。連泊の当日は浴衣とバスタオル・タオルだけ交換して戴きました(シーツもくれたけど替えなかった)けど・・・。
旅館の方曰く
「連泊で予約でなく、別々に予約されたので、同姓同名の別のご家族だと」「連泊でないと・・」
「同姓同名で同じ家族構成がいるか!」なんて怒りは抑えないとなりません。

お風呂は一つだけ。時間制で順番に入って行きます。
ですので・・・
嫁ハンがお茶を貰いに行った時
女将さんいや、おばちゃんが、湯上りで寝巻姿で出てきても驚いてはいけません。

設備・・・暖房便座は助かります。ウオシュレットってな〜に〜状態
なお、トイレにデカイ蜘蛛がいたのは自然の中にあるからです!。
インターネット接続。。。部屋にそんな設備を期待しては駄目です、部屋に入った時点で悟りました。

部屋に冷蔵庫はありません。でも、部屋の外に置いておくだけで。。お茶もギンギンに冷えてます
「天然の冷蔵庫やぁ〜」子供が叫んでいたけど・・一泊目は寒かった。

部屋にはテレビが・・テレビがあるのだけど・・これは曲者。
時間が経つと。。画面が段々暗くなってフェードアウト。
どうも故障中のようで。。温度が上がると消えてしまいます。
旅館の人も気付かない故障です。
嫁「あっ!TVの事云うの忘れたわ」と帰りの車中で言い出したけど・・・まっ次の宿泊者の楽しみに取っておきましょう。

なんか段々、書いていてブラックな旅館になってきた気がしますが。。
この旅館は、家族的な雰囲気。食事は種類も量も充分。
出来立てを給仕してくれたりします。
まして。。お値段がそれなりで御座います。
そして、リピーターの方が多い様子。帰り際にも
「じゃぁ又来年」と去って行く老夫婦もいたりしました。

嫁ハンが支払いをしている時。
どうしても気になって。。。聞かないと後悔すると思い
「なぜにジョンソン?」「ジョンソンさんが始めたの?」

ゲラゲラと笑いだす、オバチャンいや女将さん。
「ジョンソンってそんな事を云う人も居ますよ〜」ゲラゲラ
「本当はジョンソンって会社があって、昔はそこの保養施設だったんです」
「色々とあって、今は外部のお客さんも・・」
へっ〜、そういえばこの辺は会社の保養施設が多いですよね
「そうなんです、昔はねぇ〜今は・・ウチみたいな所も多い」
そういえば隣に3Mの看板が・・
「そうそう、隣は3Mさんの保養施設、実は妹の家なんです。」
えっ、会社の持ち物じゃないの?
「ここは昔から我が家の持ち物で経営も我が家、。隣は妹の持ち物」
「ただの契約だったんです、でもねぇ〜」
「お向かいは。カネボウ化粧品だったんですけどね」
「今でも、社員の方が泊りに来られるんですよ」
「今はテニスコートとか、そんなのがないとねぇ〜」
へぇ〜。。ほんと色々とありそうなお話でございます。

そんな家庭的な雰囲気を楽しみたい方に、お勧めの民宿です。


ジョンソン。。。
ジョンソンって会社は
バンドエイドで有名なジョンソン&ジョンソン
こことは違う
ジョンソン
カビキラーを販売してる会社もジョンソン
私は、最初にこのジョンソンだと思ったのだけど・・
オバチャンの話を統合したら・・
ディーバシー(旧社名ジョンソンディーバシー)の保養施設だったみたいです。

| 独裸絵悶 | 旅行記 | 07:02 | comments(3) | - |
すごいお宿にお泊りでしたね。
でもどこにもお泊りに行ってないわが家よりいいじゃないですかぁ^^
来月は行けるといいなぁ。
| みぃ | 2010/05/06 3:37 PM |
ある意味、
思い出にのこる旅ですね。

我が家は・・・
お泊りはしたけれど・・・
「実家」
祖父の法事でした。

週末は、後片付けしにいかないと。
| ちょこみんと | 2010/05/06 8:16 PM |
みぃ様
凄くないですよ。普通ですよ。
そりゃぁ、贅沢な旅行の方が良いけど・・収入に見合った旅行となるとねぇ〜
民宿としたら、レベルは上の部類だと思います

ちょこみんと様
ブログをやっていると・・こんな旅行でも記憶と記録に残りますので・・
その点がいいのかなぁ〜

連休が終わり、嫁ハンは洗濯物の山に埋もれています。
| 独裸絵悶 | 2010/05/07 5:26 AM |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ



+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE