日記では、ないと思う・・・・・

日々の出来事を綴ってます。
小さな小さな微笑みがでたら嬉しいです。

あなたのコメントが独裸絵悶のエネルギーです。
私にエネルギーを分けて下さい。

最近はエネルギー切れかも・・・

コメントスパム対策で画像認識を導入いたしました。
お手数になりますが、宜しくお願い致します。
一泊二日の旅。。問題
この土日は。。
私用もあり、一泊二日の博多の旅に出かけてました。
土曜日の午前中の新幹線に乗って、日曜日の午後に帰阪するという慌ただしさ。
どうせなら、もう一泊楽しみたいのですが・・学校やら仕事やら・・それとお金も・・ねぇ〜で御座います。

私の親族でドイツ在住が居るのですが。。。
久し振りに顔を見て。。
「遊びに来るなら9月までとよ」
「それ以降はイギリスに行くっちゃけん」
イギリスでも博多弁で邁進するようです。
海外だと、方言も純粋培養で冷凍保存されるようです。

その親族とは姪。
旦那さんが
「ダーリンは外国人」で名前もトニーさん。
日本「神戸」勤務を終え、イギリスに帰国する事になり・・
暫しの別れの宴でございました。
しかし。。。。

んっ?って思いません。
姪は
「遊びに来るなら9月までとよ」
「それ以降はイギリスに行くっちゃけん」
姪のダーリンは
この春から、イギリスに帰国する事になり・・
まっ9月から同居するようですけど・・
それまでは
旦那。。神戸で姪がドイツ。
春から旦那が英国で姪は引き続きドイツ。。
地球が狭いのやら広いのやら・・・解りませんです。

でも・・でも・・誘って頂きました。
イギリスの自宅は・・・石造りの童話に出てきそうな家。
私だって・・・
そりゃぁ〜ドイツでもイギリスでも行きたいですよ。
行ってみたいですよ。
英語はメチャメチャだけど・・・・・
でも・・でも・・
行けません。行けっこありません。だって・・・・

今度のジャンボ宝くじに全てを賭けます。
失敗したら・・・また二人で帰っておいでよ。

博多・・・
実家が、でかくて部屋数も広くて、寝具も余って居て。。
なかなかそうは参りません。
だから・・ホテル泊まり。
今は、シーホークとかANAクラウンとか色々とありますが・・
博多の方・・それも古い方に
「福岡のホテルと云えば?」聞けば
かなりの確率で・・
「西鉄グランドホテル」と答えてくれるでしょう。

私だって。。子供の頃から・・
「縁のない世界」と眺めていたホテルです。

でも。。嫁ハンは格安プランを見つけてきてくれて・・
チェックインが19時以降、チェックアウトは10時まで・・
とかの制約はありますけど・・
朝食付きで。ビジネスホテル並みのお値段。
朝食は洋食バイキングと和食を選択できます。
今回は嫁の企みで「和食」へ。

博多名産の「辛子めんたい」
中央には・・

「おきゅうと」
で御座います。
昔は、福岡在住の頃、朝食で良く食べさせられていました。

ホテルの社章。

タオルとか、備品には全てこのマークが入ってます。
フランス車のエンブレムに似ていますが。。違います。
これは。。。
「西鉄ライオンズ」と同じマーク

朝刊も無償で早朝には部屋に配られます
新聞は福岡の地元紙 「西日本新聞」

漫画は「ちびまる子ちゃん」

西鉄グランドホテル。。
「おきゅうと」に「ライオンズ」。「西日本新聞」

チョット、タイムスリップしていました。
| 独裸絵悶 | 旅行記 | 06:37 | comments(2) | - |
独裸絵悶さん お忙しいようで
私はおかんを連れて車の中から花見でした
ところで 私は関西弁しかわからないですが
バイリガルの独裸絵悶さんは何カ国くらい
話せるのかな 博多弁 東京弁 その他
でも お子様は関西弁が達者かな
私の学生時代は中国 九州や四国の友人が多く
みんなで話しているとまったく会話にならず
困ったことがありました


| りょうちゃん | 2010/04/12 6:57 AM |
りょうちゃん様
私。。。
東京ではエセ関西人と呼ばれ
関西では「イントネーションがおかしい」と云われ
博多では「もう博多モンとは違うとね」と・・・

北海道担当時代は過去形で喋ってました
東北担当時代は口を開けずに喋ってました
広島に行くと。。菅原文太に・・・・・

九州の鹿児島、そして南の島に行くと・・・
「ここは日本?」って「それは日本語?」ってなります。
| 独裸絵悶 | 2010/04/12 7:17 AM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ



+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE